米国株

ZOOM (ZM) 歴史に残る超絶決算!! 今後の株価予想は?

 

ZOOMの株価まとめ
  • 売上355%増
  • 営業利益8223%増
  • 法人の契約数増

 

今回は、日本でも人気のZOOMについて紹介します。

2020年8月31日の引け後に第二四半期決算を発表しました。

その結果が、自分の想像以上だったので今回取上げます。

 

 

🍀内容と僕について🍀

本記事の内容

  • ZOOMの事業内容を解説
  • ZOOMの今後の株価について紹介
  • ZOOMの第二四半期結果を解説
  • ZOOMのリスクについて

 

本記事の信頼性

  • 株式投資歴4年
  • 株記事を50以上書いた実績

 

本記事を読むメリット

  • ZOOMに投資をしていいか参考になる
  • ZOOMの2Q決算の凄さが理解できる
  • ZOOMの中国リスクについて学べる

 

 

それでは、いきましょう!

 

 

ZOOMの事業内容

 

簡単にZOOMの事業内容を紹介してから、決算の内容についてみていきたいと思います。

ZOOMはアメリカのカリフォルニアに本社を置く企業です。

2011年に創業されました。

中国山東省出身のエリックヤンという方がCEOです。

中国名(袁征)

 

ZOOMは、ビデオ、音声、チャット、モバイルを組み合わせたWEB上のコミュニケーションツールを提供しています。

 

コロナ禍で印象に残った企業の1つです。

日本でもZOOMのWEB会議は広く使用され、コロナ禍で急激に知名度が爆発しました。

ZOOMは、資料を共有できたり、一度にたくさんの人数と同時接続ができることが強みです。

 

ZOOMの株価について

 

2020年9月4日の情報です

 

株価     381.32
市場     NASDAQ
業種     通信サービス
ティッカー  ZM
自己資本比率 64.7%

PER     476.2倍
PBR     90.1倍

ROE     6%
ROA     3.2%

Gross Margin 76.50%
RSI      64.55

主要な数字を取り上げました。

PERが高めですが、人気企業の証です。

 

1年チャート

綺麗な右肩チャートですね。

決算発表後に478まで株価が上昇しました。

歴史に残る決算を発表したので、暴騰しました。

 

チャートをみてめちゃめちゃ興奮しました(笑)

 

その後、急落しています。

さすがに上がりすぎましたかね・・・

 

ZOOMの2Q決算について紹介

 

2020年8月31日に第二四半期の決算が発表されました。

今後の株価を予想するのに決算内容は非常に重要です。

 

売上高

  • 予想  5憶$
  • 結果  6.64憶$

売上成長率は、354.5%上昇しました

 

1株利益(EPS)

  • 予想  0.45$
  • 結果  0.92$

 

従業員数10名以上の小口顧客数

  • 結果  37万社

前年同期比で+458%も上昇しました

 

年間売上高10万$以上の大口顧客数

  • 結果  988社

前年同期比+112%も上昇しました

 

第三四半期 ガイダンス

売上高

  • 予想     4.93憶$
  • 新ガイダンス  6.85憶$~6.9憶$

 

1株利益(EPS)

  • 予想       1.29$
  • 新ガイダンス   2.4~2.47$

 

売上とEPSをみると市場予想を大幅に超えたことがわかります。

次回の3Q決算も好調だったので、長期的にみると600を目指せると思っています。

 

 

ZOOMの今後の株価について

 

短期 売り推奨
長期 買い推奨

 

超決算を出しましたが、株価が上げすぎです。

決算後のteslaを彷彿とさせます。

一旦は様子見をして、株価が落ち着いたら買いたいですね。

あくまでも買い売り予想は個人の予想です。

しかもよくわからないやつの予想です(笑)

参考程度でお願い致します。

 

 

ZOOMのリスクについて

 

まとめ
  • 他企業の参戦
  • 中国リスク
  • ビデオ会議需要の低下

 

他企業参戦のリスクも考えなければいけません。

MicrosoftGoogleが本格的にビデオ会議市場に参戦しています。

コロナの収束が長引いているので、よりよいプラットフォームを提供しないと他社に奪われかねません。

 

中国リスクも重要です。

あまり、政治的なことは書きたくはありませんが、ZOOMには黒い噂がたくさんあります。

天安門事件に言及したアカウントが削除されたり、ハッキングに対する耐性が弱いなど言及されています。

トランプ大統領が中国企業の締め付けを強化すると、もしかしたら株価を下げる問題が今後出てくるかもしれません。

最後に気になっていることが、ビデオ会議需要の低下です。

ワクチンが開発され、人々が外出するようになると、他業種の業種に資金が流れる可能性があります。

どこまで、好決算を出せるかに注目しています。

 

まとめ

 

ZOOMの株価まとめ

売上355%増
営業利益8223%増
法人の契約数増

振り返りをしましょう!

今回の2Q決算は、市場の予想を上回る歴史に残る決算でした。

次の3Q決算のガイダンスも引き続き高い目標が設定されているので、楽しみですね

短期は上げすぎで下げそうな気がしますが、長期でみると上昇の期待がもてます。

ZOOMがもっと成長しますように!!!

それでは、また!

 

全ての記事にはバイアスがかかっています。
投資は自己責任でお願いします。

 

 

ABOUT ME
kei
kei
愛知在住の24歳。米国株とemaxis slim米国株式S&P500を中心に投資をしています。 このブログを通して20代投資家を増やすことが目標です。

Betmob|投資家ブログまとめメディア




ポチっとしてもらえると、嬉しいです