米国株

カーニバル 【CCL】 株価の見通しは? クルーズ船予約

カーニバル【CCL】の株価情報の記事です

 

株価まとめ
  • コロナ罹患者減少のため、アフターコロナ銘柄としての期待が大きい
  • クルーズ船のリーダー企業
  • 2022年6月までに71隻(容量75%)でクルーズ船を再開予定
  • 2025年までに16隻納入予定
  • 予約はQ3を含め、過去最高の記録を達成!!

 

この記事は約3分程度で読んで頂けます。

CCLは世界最大のクルーズ船会社で、個人的に大きく期待してます。

株価もまだコロナ前に戻っていないので、非常に期待できると思います。

 

この記事を読むメリット
  • 基本的な株価情報について把握できる
  • 決算内容が理解できる
  • 事業内容が理解できる
  • CCLの株を買うのか参考になる

 

 

カーニバル 【CCL】 株価情報

まとめ

株価:26.090
業種:旅行レジャー
市場:NYSE
PER:-
PBR:2.0倍

収益性
ROA:-53.0%
ROE:-17.5%

 

 

※マネックス証券銘柄スカウターの情報を引用しています。
2021年10月3日の情報です。

 

めちゃめちゃな赤字です。

 

新型コロナウイルスの影響を受けて、収益性は非常に残念な状態になっています。

 

 

1年チャート


出典:Seeking Alpha

 

年間でみると+73%くらい株価は上がっています。

新型コロナウイルスが蔓延しはじめてから、株価は急落していたので見通しが明るくなった結果急上昇しています。

コロナ蔓延時は航空、レストラン、レジャー、飲食、夜産業など3密になりやすい業種は大打撃になりました・・・

 

 

【YTD】

出典:Seeking Alpha

 

今年にはいり、+20%まで株価が伸びています。

 

最近になって株価が伸びている理由は、2点あります。

 

  1. 米国におけるコロナ罹患者の低下
  2. 長期金利の値上がり

 

 

出典:worldometers

 

デルタ変異株もピークアウトをし、いよいよ人々が街に繰り出します。

日本の感覚だとまだ、多いような気がしますが、米国はWithコロナです。

新規コロナ感染者が減少すれば、コロナで打撃を受けた銘柄に注目が集まるのは必然です。

 

2点目の理由は10年債利回りの上昇です。

出典:Trading View

 

週足のチャートです。

金利が上がるほど、割高なグロース株は売られ、CCLのようなオールドエコノミー会社の銘柄は上がりやすくなります。

つまり、航空、レストラン、レジャー、飲食、夜産業といったコロナで下がってしまった銘柄が上昇する期待が高まります。

 

 

カーニバル 【CCL】ってどんな会社なの?

カーニバルは世界最大のクルーズ会社です。

カーニバルクルーズライン、プリンセスクルーズライン・ポーランドクルーズラインなどの超豪華クルーズを所有しています。

これらのクルーズ船を87隻ほど所有していて、世界各地の700以上の港に訪れています。

年間で150ヵ国、旅行者1300万人を受け入れ、クルーズ業界市場の半分を占めています。

コロナで打撃を受けていますが、2025年までに16隻の新造船が納入される予定です。

 

 

売上別セグメント

※マネックス証券銘柄スカウターの情報を引用しています。

 

セグメントをみるとコロナでダメージを受けた国ばかりはいっていますね。

集団免疫を獲得し、以前のような世界中の人が旅行していた時代に戻れるといいですね・・・

僕個人としては、以前のような水準に戻るのは時間がまだまだかかると思います。

 

 

カーニバル 【CCL】決算情報 Q3

売上高
予想:$794.74M
結果:$546M
前年同期比+1661.3%

 

1株あたりの (EPS)
予想:-$1.46
結果:-$2.06

 

次回決算ガイダンス Q4
売上高:$1.42B
EPS:-$1.49
(2021/10/3現在)

 

 

第3四半期決算の結果は売上高、EPS共に予想を上回ることができませんでした。

 

決算内容はポジティブな言葉もありましたが、数字は悪いです。

未達です。

コロナの影響でクルーズ船を徐々に運行の再開ができていますが、運航が8割にも至っていないので難しいです。

しかし、CEOのアーノルド・ドナルド氏によると前向きなコメントもあります。

 

 

  • 2022年春には全てのクルーズ船を航行させる予定だ
  • 2021/Q3の航海はキャッシュフローがプラスであり、この傾向が今後も続く
  • 9つのブランドのうち8つはサービスへの段階的な復帰の一環としてクルーズ船の運用を開始した。
  • 2022年6月までに71隻(容量75%)でゲストクルーズを再開できる計画がある

 

かなりの強気です。

ワクチンは2022年までの夏までには米国で広く接種され、急速の経済回復を見込んでいるようです。

需要がどれほど、戻ってくるのか要観察ですね

同様に、ロイヤルカラビアングルーブ 【RCL】、ノルウェージャンクルーズ【NCLH】も同様の恩恵が受けられると思います。

 

 

年間の売上推移

単位百万:USD
※マネックス証券銘柄スカウターの情報を引用しています。

 

コロナの凄まじさがわかります。

航空やクルーズはコロナ前までの水準に二度と回復することがないという意見もありますが、集団免疫を獲得すれば以前のような世界に戻ると僕は思ってます。

 

 

四半期ごとの売上高推移

単位百万:USD

※マネックス証券銘柄スカウターの情報を引用しています。

 

Q3の売上は予想に届かなかったですが、QoQでみると拡大しています。

赤字は垂れ流しの状態ですが、どんどん航海をして、売上を作って欲しいですね。

 

 

キャッシュフロー推移

出典:マネックス証券

 

2020/11に注目をしましょう!

 

まとめ

営業▼
投資▼
財務▲
現金▲
フリー▼

 

結論からいうと、最悪なキャッシュフロー推移となっています。

コロナにより、本業の利益は下がり続け、お金を金融機関から借り入れ、借り入れた金額から投資をしていることがわかります。

ちなみに公募増資もしています。

積極的に投資をしているのは救いですね。

 

最後に

振り返りをしましょう。

株価まとめ
  • コロナ罹患者減少のため、アフターコロナ銘柄としての期待が大きい
  • クルーズ船のリーダー企業
  • 2022年6月までに71隻(容量75%)でクルーズ船を再開予定
  • 2025年までに16隻納入予定
  • 予約はQ3を含め、過去最高の記録を達成!!

 

NASDAQ銘柄が大幅に売られている状態が続いていますが、カーニバルのようなコロナで業績が傾いた企業に投資するのも面白いと思います。

明らかに空気が変わってきたので、今後もアフターコロナ銘柄を紹介してきますね。

 

出典:楽天証券

 

少しですが、カーニバルを購入しました。

他にもエネルギー関連の2倍レバレッジETFやカジノ銘柄を購入しています。

株価が上がって欲しいです(笑)

 

 

全ての情報には、記事作成者のバイアスがかかっています。

当記事の情報を鵜呑みにせず、ご自身でも必ず調べてください。

よろしくお願いします。

 

その他オススメ記事

インモード 【INMD】 株価好調! イスラエルの美容リーダー企業を紹介インモード 【INMD】の株価情報と決算情報を中心に取上げています。Q4の決算は売上前年同期比+60%と高成長です。事業内容についても触れているのでINMDに投資を考えている方は読んでみてね。 ...

 

リニューアブル・エナジー 【REGI】 株価好調!注目の再生エネルギー企業とは?リニューアブル・エナジー 【REGI】株価情報の記事です。REGIは再生可能エネルギーのリーダー企業です。基本的な株価情報の他に決算、業績推移などがわかるのでREGIに投資したい方は読んでみてね。...

 

【米国株】 無料のスクリーニング方法で将来儲かる銘柄を探そう!米国株の個別株スクリーン方法を紹介する記事です。マネックス証券銘柄スカウターの10年スクリーンとFINVIZの2サイトで紹介しています。個別株の選定方法がわからない方はぜひみてね。...

 

GAFAM 決算情報まとめGAFAMの決算内容を取り上げています。Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoftのビックテックが米国株を引っ張ているので決算情報は確認しましょう!売上高、EPS、ガイダンスの順番で記載しています。...
ABOUT ME
kei
愛知在住の24歳。米国株とemaxis slim米国株式S&P500を中心に投資をしています。 このブログを通して20代投資家を増やすことが目標です。

Betmob|投資家ブログまとめメディア




ポチっとしてもらえると、嬉しいです